会社を退職した後でも労災保険の給付は受けられますか

労災事故Q&A

労災事故Q&A 基礎知識

Q_in_note.gif
会社を退職した後でも労災保険の給付は受けられますか?
A_in_note.gif
退職後であっても継続して労災保険の給付を受けられます。
kaisetsu.gif

労災保険の給付を受けている途中で、会社が倒産してしまったり、定年を迎えたり、もしくは転職してしまったりした場合でも、労災保険は引き続き受給することができます。なぜなら、労災保険法の第12条の5の第1項で「保険給付を受ける権利は、労働者の退職によって変更されることはない」と定められているからです。近年、増加している契約社員の場合においては、怪我がひどくて長期的に休業しなければならなくなってしまった場合、休業中に契約期間が切れてしまい満期で退職となることがしばしばありますが、その場合でも、在職中に負った怪我であれば当然に、退職後も休業補償給付や療養補償給付などが受けられます。
退職後における療養補償給付や休業補償給付の請求書の作成については、基本的に退職後も会社(前職)に依頼して作ってもらいます。しかし、会社の倒産により退職することになった場合は、自身で請求書を作成して、病院または労働基準監督署に提出します。自身で作成した場合に、請求書の事業主の証明欄はどうするかという点についてですが、倒産で退職した場合は、省略することができますので、空白のままご提出下さい。

point.gif

退職しても在職中と同様に労災保険の給付を受給することができます。また、会社が倒産などしても自身で申請すれば引き続き給付を受けられます。

advice.gif

労働基準法の第19条の解雇制限では「労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間」は解雇してはならないと定めています。そのため、定年や倒産などを除いては、基本的に業務災害であれば会社は労働者を辞めさせることができませんので、労働者自身は、長期休業となっても、退職に関する心配は必要なく、療養に専念できると言ってよいでしょう。

〈社会保険労務士 PSR正会員 村松 鋭士〉