女性活躍推進のウソホント

【女性社員のキャリアプラン】 「どんな仕事がやりたいか分からない」と言われたら? [女性活躍推進のウソホント]

投稿日時:2018/03/29(木) 16:22rss


【女性社員のキャリアプラン】
「どんな仕事がやりたいか分からない」と言われたら?

 





















皆さんこんにちは。ナチュラルリンクの高野(こうの)です。春は何かと面談が多い季節。
新しく配属された社員と面談をし、今後のキャリアプランを考えることもあるかと思いま
す。ただそんな中で「目標を決めろと言われても、自分がこの会社でどんなが仕事がしたい
か分からない」と言われることはありませんか?

今日は、当社が運営している「Woo!(ウー)」に掲載されているコラム「仕事でやりたい
ことを見つけるポイント教えます!
」から一部抜粋してご紹介します。

1 まず、仕事が自分ごとになっている?
 





















会社で何かやりたいことを見つけるならば、仕事を自分事として考えることが大切です。会
社は社会においてどのような役割を担っているのか。自分の部署はその中でどのような役割
を担っているのか。そして自分はその部署の中でどのような役割を担っているのかを意識に
上げることが重要。一度、このことについて考えてみてください。

その上で、会社の理念やビジョンと照らし合わせてみます。数年先、どうなっていたいのか。
どのような社会をつくるために自社が存在するのか。このビジョンの中に自分の存在意義を
イメージし落とし込むのです。

2 あなたは一番大切にしたいことは?
 





















大切なのは自分が何を大切にしたいのかということです。例えば「家族が大切」ならば家族
を大切にするのは、自分の中で何を満たしたいからなのか、自分に訊いてみてください。
「安心」を満たすためかもしれませんし、「繋がり」を満たすためかもしれませんし、それ
は人それぞれ。

もし「安心」を大切にしたいのであれば、「安心」できる環境を会社の中で整える役割を担
うかもしれません。もし「繋がり」を大切にしたいのであれば「繋がり」が更にできる行動
を起こす役割を担うかもしれません。

私たちが大切にしている「価値観」は、考えるより先に自分を突き動かします。自分が何に
突き動かされているのか、何を大切にしているのかを大切な自分に訊いてみてください。こ
れは誰もが持っていることですから。

3 やってみなければ分からない
 





















時おり「自分が何に向いているかわからない」という言葉を聞くことがあります。何に向い
ているかはやってみないとわかりません。
例えば「走る」という行動を捉えたとき、短距離に向いているのか長距離に向いているのか、
走ってみないとわかりません。行動していくうちにどれが得意なのかがわかってきたり、ど
のようにすればできるようになるのかわかってきたりするものです。

---

いかがでしたか?私は、考えるより動くタイプなので、人よりも失敗をたくさんしてきてい
ると思います。でも、たくさんのドアを開け「これも違った、あれも違った」という気づき
を経て、今ようやく、自分が心の底から突き進めることに出会えたと思います。

動いてみなければ分からないし、やったことしか残らない。

上司の方には、まずは部下の方が小さな一歩を踏み出せるように、そのサポートをして頂く
ことが、重要だなと思います。

■全文はこちら
仕事でやりたいことを見つけるポイント教えます!