太田隆次の人事講座

2005年から人口減少社会に入った日本 [人事の教養]

投稿日時:2012/09/19(水) 09:00rss


 航空機も船舶も絶えず自分の位置を確認しながら進んでいます。国家も同じです。歴史を振り返ると、
下図のように我が国は、奈良時代に645年の大化の改新で中国を手本にして国づくりを始めました。
長い封建時代を経て1868年の明治維新で欧米を手本にして近代国家を作りました。
1945年の終戦時からは、もの作りで戦後復興を果たし高度成長を遂げましたが1990年にバブルのように崩壊、
2010年まで為すすべもなく現在は「失われた20年」の2年後にあります。
これからの日本は生き延びるためのグローバル化と、2005年からの半永久的な人口減少社会という二つの問題を
同時に解決しなければなりません。