太田隆次の人事講座

「つなぎ言葉」はコミュニケーションの武器 [目指せ!人事の雑学王]

投稿日時:2014/11/21(金) 09:00rss


日本語でも英語でも、会話は「主語+述語」の完成文だけで成り立つわけではありません。
双方が賛成反対などの共感度に応じて「つなぎ言葉」で会話を展開しています。

概して欧米人は言葉数が多いので、
話す英語が得意でない日本人には、ほとんど「つなぎ言葉」だけで最初から最後まで受け流して会話を続ける達人が多くいます。
完成文をぶっつけ合うことだけがコミュニケーションではありません。

「つなぎ言葉」は決して奇策ではなく、コミュニケーションの大切な武器です。

下表は欧米人や日本人の「つなぎ言葉」の達人の「つなぎ言葉」の実録リストです。
読むだけでなく日頃から実際に口にして「いざ決戦」に備えておきましょう。
( ↑ O = ? X などの記号はこちらの気持ちです)

空欄には、「これはうまい!」と実際に聞いた「つなぎ言葉」を順次書き加えて下さい。
 
自分の意見を作る↑      
そうですねえ
~と思うのですが
相手意見に賛成 O
 
おっしゃる通り!
そうそうそれです
中立 =
 
話は変わりますが
原点に戻りまして
相手意見に懐疑 ?
 
見方を変えますと
とおっしゃいますと
相手意見に反対 X
 
違う見方もあります
私のポイントは~
Well
Well, well
Let me see
What shall I say
How to say
I think ~
As I understand it
As I remember
Why? Because
So,
 
Right
You are right
Absolutely
Obviously
Yes, I agree to it
Yes,I agree with you
I think so too
Undoubtedly
As you said
Agreeable
That’s the good
point!
Exactly!
Probably
Oh, really?
That’s what I
thought
I thought so too
That’s it!
By the way
Incidentally
Let’s say
Back to the starting
point
That’s the point
Depends on the
case
Put it another way
Let me remind you
Just a moment
Let’ see.
You may be right
In my opinion
From another
point of view
Your saying is ~
I have no idea
Is that so?
How come?
What’s up
I have another
opinion
I have a different
view
My point is ~
Let ‘s think another
way.