太田隆次の人事講座

特異日とは何か知っていますか [目指せ!人事の雑学王]

投稿日時:2015/09/24(木) 17:34rss



特異日(とくいび)とは何の日か知っていますか?

「11月の晴れの特異日11月3日に山登りに・・・」は「11月に晴れる日が多い11月3日に山登りに・・・」
という意味です。
特異日とは、その前後の日に比べて偶然とは思われないほどの高い確率で特定の気象状態(天気、気温など)が
現れる日のことです。その日が必ず「そうなる」というのではなく、統計上、前後の日と比べて大きな確率で
現れる日のことです。
 
もともとは、1920年代にドイツの気象学者アウグスト・シュマウスが長年の調査、研究の結果、唱えたものです。
 
日本で特異日の例とされている日です。
 1月16日 晴れの特異日
 2月    ナシ
 3月14日 晴れの特異日
 3月30日 雨の特異日
 4月6日  花冷えの特異日
 5月    ナシ
 6月1日  晴れの特異日
 6月28日 雨の特異日
 7月17日 雨の特異日
 8月18日 猛暑の特異日
 9月12日 雨の特異日
 9月17日 台風襲来の特異日
 9月26日 台風襲来の特異日
 10月   ナシ
 11月3日 晴れの特異日
 
旅行日、山登り、外出など予定をたてるのに特異日が参考になりそうですが、科学的な根拠はなく
あくまでも確率なので、信頼するのはほどほどにした方がよさそうです。