太田隆次の人事講座

荻生徂徠の名言 [目指せ!人事の雑学王]

投稿日時:2010/09/10(金) 00:00rss


 世の中は能力も性格も違う人々の集まりです。イエスマンがすぐれ者とは限りません。江戸時代の有名な儒学者、荻生徂徠(おぎゅうそらい、1666―1728)は、こういう名言を遺しました。あなたの身近の人にも当てはまるのではありませんか?

一 人の長所を始めより知らんと求むべからず。
  人を用いて、始めて、長所の現はるるものなり。

一 人はその長所のみを取らば、即ち可なり。短所を知るを要せず。
一 己が好みに合う者のみを用ふるなかれ。
一 小過を咎める用なし。ただ事を大切になさば可なり。
一 用ふる上は、その事を十分にゆだぬべし。
一 上にある者、下の者と才智をあらそふべからず。
一 人材は必ず一癖あるものなり。器材なるが故なり。癖を捨つべからず。