働く女性をHAPPYに!

女性管理職を誕生させるために ~ステップ5~ 「自分の部署で、女性管理職を育てる為のステップについて」 [女性社員の長期戦力化"13の秘策"]

投稿日時:2013/06/04(火) 09:00rss


さて今回は、

自分の部署で、女性管理職を育てる為のステップ

についてです。


管理職なんて自分には無理ですー

役職なんて、私はそこまで考えてないですからー

◯◯さんのように休日や夜遅くまで仕事できませんー



そんなことを、女性社員さんから言われたことはありませんか?
また、言われたら、どう答えますか?


女性管理職を育成するには、一朝一夕ではないと皆さん思われていると思いますが、
本当にその通りです。


女性管理職が育つ会社は、決して女性に優しい会社ではなく、
多様な人材が働きながらも、業績をあげていける仕組みのある組織」ですが、
その道程が、一朝一夕であるはずがありません。


働き方、評価制度、IT化、効率化、キャリア形成など、
色々と解決していくことがある中で、まず第一歩として皆さんが悩まれているのはやはり、

「そもそも女性が管理職になる意識が薄い」

というモチベーション、意識の部分ではないでしょうか。
そこをどう変えていくかについて、これから何回かにわたって見ていきます。


役職者の仕事-


冒頭の、

==

管理職なんて自分には無理です。
役職なんて、私はそこまで考えてないですから。
◯◯さんのように休日や夜遅くまで仕事できません。

そんなことを、女性社員から言われたことはありませんか?
また、言われたら、どう答えますか?

==

ですが、
そんな時はぜひ女性部下の方に、役職者って何の仕事をしていると思う?
と聞いてみて下さい。



恐らく、


・遅くまで残って会議してる

・休日出勤している

・社長からのムチャぶりや要求に答える

・報告、進捗など管理作業

というマイナスイメージがあがると思います。


つまりは、「管理職ってしんどそう」というイメージだけが、漠然とあるということです。


意識を変えるには、まず興味を持ってもらうこと、
あーそんなことしてるんだーと知ってもらうことが大切ですね。


ですので、女性深からマイナスイメージの返答がかえってきたあ、
自分が行なっている仕事について、色々と伝えてみましょう。

・会社の未来を見据えて、新しい商品を開発するための会議もしてるんだよ。

・会議ではこんな話をしてるんだよ。

・現場レベルではできない商談もしてるんだよ。

いいことばかり伝えるわけではないですが、
本来おこなっておられる仕事を伝えることはとても大切です。


よく現場からは、「上司は忙しそうだが、いまいち何をしてるかわからない」
という声も聞きます。


ある会社で、
上司の方も毎日日報を書くようになり、
日々の仕事や感じることを示していくことで、
ある時「私も役職ちょっと興味が出て来ました!」という声があがった例もあります。


まずは自分の仕事を知ってもらうことからはじめましょう。


その為に有効なのは、「上司も日報を書く」ということです。


上司の方は、部下の日報に返事したり、確認したりすることが
メインだと思いますが、
ご自身の日報も、チームに共有してみて下さい。


上司の仕事が少し身近に感じられたり、イメージが湧いてくると、
女性部下から興味を持ってもらえるようになりますし、
実際私も毎日、日報を送っています。(身も引き締まりますね)

これはおすすめ、ぜひ、行なってみてくださいね。
 


 



bnr_mainimg-730x0.jpg

 

女性社員教育って何でこんなに難しいんだろう?


  • 男性社員よりよっぽど気を遣って接しているのに、、、
  • 制度もそれなりに整えているはずなのに、、、
  • リーダーとして頑張って欲しいと期待しているのに、、、
  • 女性社員にこちらの想いがなかなか伝わらない。。。
  • 女性社員が退職してしまう。。。
  • リーダーや幹部となる女性社員がなかなか育たない。。。

そんなお悩みを、ナチュラルリンクで解決しませんか?


  • linkroomtop1.jpg
    ▲Click▲

    ■今後の開催テーマ
    【6月】18日(水)18時半~20時半 女性部下の面談はこうすればうまくいく!明日から使える3つの具体策
    【7月】16日(水)18時半~20時半 女性がやる気になる仕事の指示の出し方、伝え方
    【8月】20日(水)18時半~20時半 数字や売上の話を女性部下に響かす4つのポイント
    【9月】17日(水)18時半~20時半 他社事例から学ぶ、女性役職者育成の5つのポイント