女性活躍推進のウソホント

【キャリアアップ】 パラレルキャリアとは何か? [女性活躍推進のウソホント]

投稿日時:2017/07/26(水) 08:30rss


女性活躍推進のウソホント

【キャリアアップ】 パラレルキャリアとは何か?

最近、パラレルキャリアという言葉をよく聞くようになりました。
皆さんは「パラレルキャ リア」についてご存知ですか?

1 パラレルキャリアの定義について
201707260838_1-600x0.jpg


















 

ピーター・ドラッカーの著書によると、歴史上はじめて人間の方が組織よりも長命になった ために、人は組織のみに頼らず、それとは別に第2の人生を始める必要が生じたという。そ の第2の人生のひとつがパラレルキャリアである。

近年のパラレルキャリアの論調は、軸足はあくまで本業の会社におき、社外活動で あっても何らかの形で本業に結びつけることを意識し、社外との関わりを作ることを指す場 合が多い。この点が、本業と全く関係ない仕事を時間外に行う副業と異なる点 だ。パラレルキャリアを推奨することで、企業は従業員の教育コストと時間を省いて従業員 に新たなスキルを習得させることが可能になる。

*引用元:Wikipedia「パラレルキャリア」 

副業や趣味など、仕事とは関係ないようなことでも色々と取り組んでいることを「パラレル キャリア」というのだと思っていましたが、あくまでも本業の会社に軸足を置きながらス テップアップをはかるというのが、本来の意味のパラレルキャリアだそうです。

2 企業の視点から見たパラレルキャリア
201707260838_2-600x0.jpg




















日本は、皆さんもご存知の通り、少子高齢化によってますます労働人口が減少していきま す。あと数年後には「1人が1社にだけ所属する」という状態では、人材が足りない時代に なると言われています。

そんな中、企業が優秀な人材を確保するには、社員さんを自社のみに縛るのではなく、自由 に様々なキャリアを積むことが出来るように副業OKにしたり、仕事以外の時間でボラン ティアやスキルアップに積極的に参加できる働き方を推進する必要があります。

既に、東京ではパラレルキャリアが浸透しつつあるとお聞きしていますし、企業も柔軟な働 き方ができるように仕組みを変えていっているようですが、関西にも遅かれ早かれその流れ がやってくるでしょう。

3 個人の視点から見たパラレルキャリア

201707260838_3-600x0.jpg




















労働人口が減ると、働く側にとっては売り手市場になりますが、それは全員にとってではな く、あくまでも実力と能力が評価された人に限られます。

最近は、AI(人工知能)の研究が進み、WEBページ作成の仕事、転職マッチング、物流の 現場…などあらゆる分野でロボットが人にとって変わるようになってきました。

つまり、これからの時代に必要とされる人材になるには、機械や人工知能が決してできない ことができる人材でなければいけないということなのですね。

以前お話した方がこんな風におっしゃっていました。決してロボットや機械ができないこ と、人にしか出来ないことは、

・ゼロから1を生み出すこと
・リスクを取って行動、チャレンジすること
・信頼関係を築けるコミュニケーション能力

であると。

今ある仕事を効率よく行うことや、大量の仕事をさばくことも大切ではありますが、それは ロボットには絶対に敵わない部分です。

それよりも、この不確定な時代に一步踏み出せる力や、無いところからアイデアを生み出せ る力、どれだけネットが普及しても、相手に対して思いやりを持って接し、信頼関係を築け るコミュニケーション能力を持っているかのほうが大切。

となった時、パラレルキャリアという選択肢をとり、会社以外のコミュニティに所属した り、会社では経験できないことを体験しスキルアップすることで、自分の強みを磨き続けて 市場価値のある存在になっていくことはとても重要なことなのですね。