女性活躍推進のウソホント

【女性活躍推進】 「複業禁止」でも「仕事と子育ての両立は支援」の違和感 [女性活躍推進のウソホント]

投稿日時:2017/12/27(水) 09:38rss


【女性活躍推進】
「複業禁止」でも「仕事と子育ての両立は支援」の違和感























皆さんこんにちは。
今回も、当社が運営する「働く女性のお悩み解決サイト:Woo!(ウー)」で反響が大きか
った記事「多様化する働き方~「複業禁止」でも「仕事と子育ての両立は支援」って、疑問
に思いませんか?~」
(https://woo-site.com/article833/)
の内容を、一部抜粋してご紹介致します。

1 子育てはOKで複業はだめ?






















--
能力開発を目的として複業に興味を示す人は増えていても、多くの企業は複業禁止。そんな
「複業禁止」の企業でも仕事と子育ての両立は認めるどころか支援するのが昨今の当たり前で
す。
しかし仕事をしながら子育てや介護をした人はたいてい、子育てなどより仕事は楽だと感じる
ものです。子育てという過酷な「複業」はアリで、休もうと思えば休め、辞めようと思えば辞
められる「(本業と別の)仕事」はダメって、よく考えればおかしいと思いませんか?
--
「多様化する働き方~「複業禁止」でも「仕事と子育ての両立は支援」って、疑問に思いま
せんか?~」リード文より抜粋
確かに、本業の仕事以外の時間を使うという意味では、子育ても、副業も、同じといえます。
ただ、人手不足の時代となると、自分の会社に社員を留めておきたいという会社の気持ちも理
解できます。(保険関係の制度の壁や、法律の壁もありますが)
しかしながら、時代は大きく変わりつつあります。
---

男女を問わず組織を見限る「できる人」たちは、「持てる時間の全てを会社に注ぎ込み、長時
間労働も厭わず会社に尽くす」ことを求めながら利用価値が下がれば切り捨てにかかる企業の
ホンネを見透かして自衛に走っているのではないかと私は思います。
(中略)
「いままで通りやっていればO.K.という環境であれば本業だけやっていればいいでしょう。し
かし、いまは環境の変化に対応することが求められる時代なのです。会社にこもって本業だけ
やっていては環境変化に対応できない。環境の変化を実感し、変化に対応する知識や術を身に
つけるため、会社の外に出なければダメでしょう。そして社外で何かをするならば、お金をも
らうくらいのことをしないと意味がない」。
---
「多様化する働き方~「複業禁止」でも「仕事と子育ての両立は支援」って、疑問に思いま
せんか?~」リード文より抜粋


2 副業禁止の理由とは?






















企業が副業を禁止する理由として多いのは、「本業以外の仕事をするのは、心身の疲労を招き
本業に支障をきたすから」という理由が多いようです。
私も小さいながらもいち会社を経営している立場として、その理由もわかります。自社内の仕
事に、しっかり責任を持って取り組んでほしいという想いや、他にやりたいことがあるにせ
よ、本業が疎かになってしまっては、本末転倒だという想いもあります。
ただ、記事にはこのように書いてあります。
---
勤務先の仕事(本業)を終えた後の子育てという労働(複業)をするのはいいけれど、自社の
仕事以外をするのは「心身の疲労を招き本業に支障を来たす」ため禁止、というのは、子育て
のリアルを知らないか、知っているとしたらそれこそ「子育てする人は心身が疲労した状態で
勤務する」ことを許容している、つまり、本気で戦力とは考えていない、のどちらかなのだろ
う、と思うのです。
---

「多様化する働き方~「複業禁止」でも「仕事と子育ての両立は支援」って、疑問に思いま
せんか?~」リード文より抜粋
確かにそうですよね。このような考えでは、ダイバーシティ、女性活躍と表向きには言いつつ
も、様々な人たちが活躍する会社づくりは難しいでしょう。

3 変化する企業のみが生き残る























とはいえ、私も今や2児の母。またここにきて、夫の実家の商売にも今後関わっていく可能性
が出てきました。創業パートナーの前本も、ナチュラルリンクの専務でありつつ、2児の母であ
りつつ、旦那さんが経営する畳屋の女将としての一面を持っています。
1社のみで仕事をする、仕事だけをする時代は確実に終わりをつげているということを、身をも
って実感しています。
そのように複数の仕事や子育てをしているからといって、本業を疎かにしているつもりはあり
ませんし、むしろ、頭を使い、短い時間で効率よく仕事をするようになりました。
今までの働き方を変えるのは、今までの自分を否定して先に進むことでもあるので勇気が要り
ますが、時代の流れを受けて、柔軟に変わっていくことが大切だと実感する今日このごろです。