働く女性をHAPPYに!

<<前へ
rss

女性活躍とは

[女性社員の長期戦力化"13の秘策"] 投稿日時:2015/03/10(火) 09:00

  女性活躍とは


女性活躍とはどのようなことだと皆さんお考えでしょうか?

女性管理職が多くいること・・・

結婚・出産を経ても多くの女性が働き続けていること・・

皆さんの思い描く女性活躍とはさまざまだと思います。


私どもでは
さまざまな社員が活躍し会社を発展させるための成長戦略」ととらえております。

女性が働きやすくなるための福利厚生では決してないのです。

共働き世代の増加、高齢化社会による要介護人口の増加に伴い、
女性でなくともプライベートに何らかの制限を持ちながら働く人は多くなっています。

つまり、女性活躍が進むということは、女性にかかわらず、全ての社員さんが、
たとえプライベートに制約があったとしても働き活躍することができる会社になれるということです。

それでは、自社の女性活躍に目を向けたとき、はたしてどれくらいの進み具合なのか、
皆さんはすぐにおわかりになるでしょうか?

弊社では一つの指標として女性社員さんの「定着」と「活躍」に着目しています。


定着とは
 ・女性が辞めない
 ・女性が育休から復帰して働いている

活躍とは
 ・女性役職者が多い
 ・育休復帰者も主要な仕事をしている
 ・女性も売上を担っている




御社の状況はいかがでしょうか???
一度下のマトリックスをご参考に振り返ってみてはいかがでしょうか。


 



bnr_mainimg-730x0.jpg

 

女性社員教育って何でこんなに難しいんだろう?


  • 男性社員よりよっぽど気を遣って接しているのに、、、
  • 制度もそれなりに整えているはずなのに、、、
  • リーダーとして頑張って欲しいと期待しているのに、、、
  • 女性社員にこちらの想いがなかなか伝わらない。。。
  • 女性社員が退職してしまう。。。
  • リーダーや幹部となる女性社員がなかなか育たない。。。

そんなお悩みを、ナチュラルリンクで解決しませんか?


  • linkroomtop1.jpg
    ▲Click▲

    ■今後の開催テーマ
    【6月】18日(水)18時半~20時半 女性部下の面談はこうすればうまくいく!明日から使える3つの具体策
    【7月】16日(水)18時半~20時半 女性がやる気になる仕事の指示の出し方、伝え方
    【8月】20日(水)18時半~20時半 数字や売上の話を女性部下に響かす4つのポイント
    【9月】17日(水)18時半~20時半 他社事例から学ぶ、女性役職者育成の5つのポイント

みながみな、管理職に向いているわけではない

[女性社員の長期戦力化"13の秘策"] 投稿日時:2015/02/10(火) 09:00

  みながみな、管理職に向いているわけではない


女性管理職を増やすための企業の取り組みが、
今年に入ってますます加速しています。

数値目標を具体的にかかげ、女性管理職育成に乗り出す企業も、
規模や業種を問わず増えて きました。


ただし、全ての女性を底上げしようとしても、
当然のことながらうまくいきません。


男性でも同じことが言えますが、
いい悪いではなく、リーダーに向いている人もいれば、そ うではない人もいます。

また本人の希望としても、リーダーよりも、
今の仕事を突き詰めて いきたいという技術職、職人気質な方もおられます。

組織は色々な人がいて成り立っているのにも関わらず、女性管理職を増やそうとした時に、
向いているか、本人の希望はどうかを考慮せぬまま、役職に抜擢することは、かえって逆効果です。


本来あるべき姿は、周囲から認められ、自分も役職についてみよう!と思った女性が、
大変なことがある中でも役職の仕事にイキイキ取り組んでいる。

そしてそれを見た後輩が
「私も ちょっと役職に向かって頑張ってみようかな」
と背中を押されるきっかけになるというものです。

仕事柄、今まで、50人以上の女性管理職の方にヒアリングをさせていただきました。
また、その上司にあたる方にもお話をお聞きした中での、共通点があります。

5つのポイント(本人面)
1.素直でガッツがある
2.もっと良くしたいという思いがある(仕事や物事について)
3.結果を出し周囲に認められている
4.柔軟で楽観的なのでチャンスを活かせている
5.経験に裏付けられた自信を持っている


5つのポイント(環境面)
1.尊敬する上司のもとで仕事ができた
2.若いころ(20代半ば)にチャンスを与えられた
3.制度でなく上司の一言が役職になる決め手だった
4.無いところから何かを作る経験をしている
5.結婚前か、子育てが一段落してから役職になっている


100%あてはまるわけではありませんが、
今までのヒアリングを通じて、ほぼ皆さんに共通する事柄です。


是非、
皆さんの部署やチームでも、参考にしていただければ幸いです。


 



bnr_mainimg-730x0.jpg

 

女性社員教育って何でこんなに難しいんだろう?


  • 男性社員よりよっぽど気を遣って接しているのに、、、
  • 制度もそれなりに整えているはずなのに、、、
  • リーダーとして頑張って欲しいと期待しているのに、、、
  • 女性社員にこちらの想いがなかなか伝わらない。。。
  • 女性社員が退職してしまう。。。
  • リーダーや幹部となる女性社員がなかなか育たない。。。

そんなお悩みを、ナチュラルリンクで解決しませんか?


  • linkroomtop1.jpg
    ▲Click▲

    ■今後の開催テーマ
    【6月】18日(水)18時半~20時半 女性部下の面談はこうすればうまくいく!明日から使える3つの具体策
    【7月】16日(水)18時半~20時半 女性がやる気になる仕事の指示の出し方、伝え方
    【8月】20日(水)18時半~20時半 数字や売上の話を女性部下に響かす4つのポイント
    【9月】17日(水)18時半~20時半 他社事例から学ぶ、女性役職者育成の5つのポイント

会社に居続けるということ

[女性社員の長期戦力化"13の秘策"] 投稿日時:2015/01/13(火) 09:00

  会社に居続けるということ


先日、結婚式を挙げたレストランに行って来ました。
私達のプランナーさんもまだ働いていらっしゃって、
少しお話しすることができました。

もう5年以上も経つんですね!などと懐かしくお話しさせて頂きました。


その中で、その担当プランナーさんが
来年からは自分はお客様を持たず、プランナーをまとめるお仕事に就かれるとおっしゃっていました。

その方は女性ですが離職率の高い業界でずっと働かれています。
担当して頂いた時から、このお仕事が好きなんだなということが伝わる方でした。

出世ですね!!!と言った時のその方の返事が印象的でした。
「いやいや、ただただこの会社に長く居続けているだけですよ」

女性は男性と比べて選択肢が多い人生だと思います。
仕事一筋で頑張るのも、結婚して専業主婦になるのも、両立しながらキャリアを重ねるのも、
その女性次第です。

だからこそ、様々なライフイベントが起こる度に迷い悩みます。
隣の芝が青く見えることも多々あります。

上司としてこの女性部下に頑張って上へ進んでもらいたいという思いもあるかと思いますが、
まずは、どうしたらこの会社に居続けてもらえるかという視点で相談に乗るのも1つの手だと思います。

何か問題や悩みが出たら、その都度上司と部下が一緒になって考える。

小さなことですが、女性が働き続ける上で、とても重要なことだと思います。

facebookのCOOシェリルサンドバーグ氏もTEDのスピーチで、
そこに留まること(会社に居続けること)とのメッセージを伝えています。

女性が会社に居続ける、働き続ける、
これは女性管理職誕生の第一歩です。

自社の女性社員がどのようにすれば働き続けられるか、
一度考えてみませんか?


 



bnr_mainimg-730x0.jpg

 

女性社員教育って何でこんなに難しいんだろう?


  • 男性社員よりよっぽど気を遣って接しているのに、、、
  • 制度もそれなりに整えているはずなのに、、、
  • リーダーとして頑張って欲しいと期待しているのに、、、
  • 女性社員にこちらの想いがなかなか伝わらない。。。
  • 女性社員が退職してしまう。。。
  • リーダーや幹部となる女性社員がなかなか育たない。。。

そんなお悩みを、ナチュラルリンクで解決しませんか?


  • linkroomtop1.jpg
    ▲Click▲

    ■今後の開催テーマ
    【6月】18日(水)18時半~20時半 女性部下の面談はこうすればうまくいく!明日から使える3つの具体策
    【7月】16日(水)18時半~20時半 女性がやる気になる仕事の指示の出し方、伝え方
    【8月】20日(水)18時半~20時半 数字や売上の話を女性部下に響かす4つのポイント
    【9月】17日(水)18時半~20時半 他社事例から学ぶ、女性役職者育成の5つのポイント

女性部下との関係性「横から目線」で作ろう

[女性社員の長期戦力化"13の秘策"] 投稿日時:2014/12/09(火) 09:00

  女性部下との関係性「横から目線」で作ろう


先日のコラムでは、
「女性リーダー育成に関しては固定概念を捨てる」ことが
大切だと書きました。

「女性だから責任ある仕事は避けたがる」
「女性は感情的だからリーダーには向いていないだろう」
「女性は結婚出産があるから管理職になるのは難しいだろう」


このような固定概念を捨てた上で、男女の性差で判断するのではなく、
個々の能力や性質を見て接していくことが大切です。

ただし、
そうは言っても、男性と女性では、関係性の作り方は違うと感じておられる方は多いと思います。

私も無意識のうちに、男性と女性とでは接し方を変えているなと思うのですが、前職でも男性の先輩には「◯◯さん、今日のネクタイの色、変ですね!」とか「◯◯さん、最近ちょっとお腹出てきましたねー」と、冗談を言いながら笑ったりすることもありました。

でも、女性の先輩には口が裂けてもそんなことは言えませんでした...(笑)
ということは女性である私も、どこかで意識をして接していたということになります。

本来、男性と女性では脳の作られ方が違います。

男性は「獲物、つまり自分たちの食料を捕らえる」役割に適して脳が進化してきました。
男性の中で獲物を取るために必要な関係性は「縦組織」でした。
リーダーがいて、リーダーを中心にチームになって獲物を確実にとる。

ですので男性は比較的、
上から命令されたり縦組織での考え方を受け入れやすいように出来ています。

一方で女性は、「集落を守る」役割のために脳が作られました。
集落を守るために大切なのは、横の繋がりです。
その集落でみなとうまくやり、情報交換をしながら、自分たちの身を守る。

ですから、女性は相手と関係性を作る上で、
本能的に「この人は自分たちの味方であるか」を考えます。

逆に言えば、相手と自分の関係性をハッキリさせた上下関係は本能的に受け入れがたいのです。

サッカーのなでしこジャパンの佐々木監督が、
初めて女子サッカーの監督になられた時に意識されたことは、
「横から目線で選手と接する」ことでした。

「一緒に考える、命令しない、相談する」
この人は、自分たちの仲間だとおもってもらって初めて、
言いたいことも聞いてもらえるし、協力できる関係性になります。

横から目線、是非明日から意識をしてみてください。
女性でも、リーダーに興味がある人もいれば、
リーダーになりたくない人もいます。


 



bnr_mainimg-730x0.jpg

 

女性社員教育って何でこんなに難しいんだろう?


  • 男性社員よりよっぽど気を遣って接しているのに、、、
  • 制度もそれなりに整えているはずなのに、、、
  • リーダーとして頑張って欲しいと期待しているのに、、、
  • 女性社員にこちらの想いがなかなか伝わらない。。。
  • 女性社員が退職してしまう。。。
  • リーダーや幹部となる女性社員がなかなか育たない。。。

そんなお悩みを、ナチュラルリンクで解決しませんか?


  • linkroomtop1.jpg
    ▲Click▲

    ■今後の開催テーマ
    【6月】18日(水)18時半~20時半 女性部下の面談はこうすればうまくいく!明日から使える3つの具体策
    【7月】16日(水)18時半~20時半 女性がやる気になる仕事の指示の出し方、伝え方
    【8月】20日(水)18時半~20時半 数字や売上の話を女性部下に響かす4つのポイント
    【9月】17日(水)18時半~20時半 他社事例から学ぶ、女性役職者育成の5つのポイント

女性リーダー育成のポイント

[女性社員の長期戦力化"13の秘策"] 投稿日時:2014/11/04(火) 09:00

  女性リーダー育成のポイント


女性でも、リーダーに興味がある人もいれば、
リーダーになりたくない人もいます。

育児をしながらも責任ある仕事をしたい人もいれば、
育児中は多少給料がさがってもいいので
仕事の量は減らしたいという人もいます。

家族が協力的かどうか、
両親が近くに住んでいるかで状況も変わります。

また、以前はリーダーは嫌だと言っていたけれど、数年たって仕事に自信がつきはじめたから、
リーダーをやってみてもいいかなというパターンもあります。

まずは本人がどうしたいかを聞くことが重要です。

このコラムでの何度もお伝えしていますが、
そのためには、日頃から話せる関係性を築くことが大切です。

その上で女性リーダーを育成する為に必要な対応のポイントは2つあります。

1つ目は、
リーダーの役割を経験をさせること
です。

リーダーなんて自分には無理だ、雲の上のことだと思っている女性は多いですし、
私もかつてそうでした。

そんな中、私が女性営業マンのリーダー的立場をやってみようと思えたのは、
その前に社内の人材教育プロジェクトのリーダーを経験したことが大きかったのです。

会議ひとつとっても、事前の根回しや準備がこんなに必要なのだな。
全体を見るというのはこういうことなのだな。

上司の言葉も、自分のリーダー体験を通して初めて腑に落ちました。

そして、
「大変だけど、リーダーは自分が成長できる大きなチャンスだ」と気づくことができました。

クライアント先でも、レクリエーションのリーダーや、
会社案内作成のリーダー等の経験を経て、役職についた女性も多いです。

そして2つ目のポイントは、
肩の力を抜く一言
です。

まだ前例が少ない会社が多い中で、女性リーダーになるのは、誰だって不安です。

面談で「リーダーをやってみないか!」と伝えたところで、なかなか即決はできません。

逆に説得すればするほど、女性部下の心は離れていきます。
それよりも、肩の力を抜く一言のほうが、女性の背中を押すのです。

「別に周囲の男性と同じようなリーダーになろうと気負わなくていいよ、
自分らしくでいいんだから」

「失敗しても大丈夫、一緒に相談しながらやっていったらいいからね」

今までに、様々な会社の女性役職者にヒアリングしてきたところ、

ほとんどの方がこういった上司の一言に
背中を押してもらったと答えました。

ここであげたポイントは、どれも簡単で、すぐに実行できます。
些細な経験や一言が女性社員さんの心を動かすのです。


 



bnr_mainimg-730x0.jpg

 

女性社員教育って何でこんなに難しいんだろう?


  • 男性社員よりよっぽど気を遣って接しているのに、、、
  • 制度もそれなりに整えているはずなのに、、、
  • リーダーとして頑張って欲しいと期待しているのに、、、
  • 女性社員にこちらの想いがなかなか伝わらない。。。
  • 女性社員が退職してしまう。。。
  • リーダーや幹部となる女性社員がなかなか育たない。。。

そんなお悩みを、ナチュラルリンクで解決しませんか?


  • linkroomtop1.jpg
    ▲Click▲

    ■今後の開催テーマ
    【6月】18日(水)18時半~20時半 女性部下の面談はこうすればうまくいく!明日から使える3つの具体策
    【7月】16日(水)18時半~20時半 女性がやる気になる仕事の指示の出し方、伝え方
    【8月】20日(水)18時半~20時半 数字や売上の話を女性部下に響かす4つのポイント
    【9月】17日(水)18時半~20時半 他社事例から学ぶ、女性役職者育成の5つのポイント
«前へ