賞与を給与に加算して保険料を削減

社会保険料適正化

社会保険料適正化:給与1

賞与を給与に加算して保険料を削減

社会保険料適正化のために、標準報酬月額等級表の上限を上手に活用しましょう。
標準報酬月額の上限は、健康保険が121万円(実際の支給給与117万5千円以上)、厚生年金保険が62万円(実際の支給給与60万5千円以上)となっています。
つまり、厚生年金保険は標準報酬月額が62万円までしか保険料が徴収されないため、給与と賞与の配分を工夫することで保険料を適正に削減できます。
例えば、図のように年間120万円の賞与を年間4回以上に分割して毎月の給与に上乗せして年間の保険料を削減することも方法の一つです。
仮に100人の従業員を雇用していると、年間700万円も保険料の削減ができます。

社会保険料適正化

advice.gif

【1】標準報酬月額とは実際に支給される給与を早見表に当てはめて、決まるものになります。早見表に当てはめるため、報酬月額(実際の支給給与)と標準報酬月額は必ずしも一致しないこともあります。
例えば、厚生年金保険の標準月額が10万5千円でも標準報酬月額は10万4千円になります。

【2】健康保険の標準報酬月額は第47級、厚生年金保険の標準報酬月額は第30級と等級の区分が異なります。

<社会保険労務士 PSR正会員 野田 真史>