4月、5月、6月の残業を減らしましょう!

社会保険料適正化

社会保険料適正化:給与3

4月、5月、6月の残業を減らしましょう!

社会保険料適正化のために、定時決定について理解しましょう。毎年、1年間の社会保険料は、4月、5月、6月に実際に支給される給与の平均額で決まります。これを定時決定といいます。
例えば、この時期に昇給がない会社でも、残業時間が増えると、結果的に支払う給与が増えることになります。
4月~6月に支給した給与を標準報酬月額保険料額表に当てはめ、それぞれの標準報酬月額等級区分を決定して最終的に保険料算定の基礎が決まります。
この内訳は、図のように基本給と残業代の合計で決定しますので、特に4月、5月、6月は残業を減らす工夫が大切になります。

社会保険料適正化

advice.gif

【1】給与明細上の支給月と実際に支給される月が違う場合は注意しましょう。例えば、6月分の給与が7月10日に支給されたとします。
この場合は上記、定時決定時の6月分の給与には該当しません。
あくまでも実際に4月、5月、6月中に支給した給与で計算しますので注意が必要となります。

<社会保険労務士 PSR正会員 野田 真史>