昇給月を7月にして削減!

社会保険料適正化

社会保険料適正化:給与4

昇給月を7月にして削減!

社会保険料適正化のために、定時決定について理解しましょう。毎年、1年間の社会保険料は、4月、5月、6月に実際に支給される給与の平均額で決まります。これを定時決定と言います。
新入社員の入社時期にもあたるこの時期に昇給時期として設けている会社も多くあると思いますが、
昇給する時期によって年間の保険料は大きく差が生じてきます。
多くの従業員を雇用されていればいる程に削減効果は大きくなってきます。
では、昇給月を「いつ」にすると削減効果があるのでしょうか?

社会保険料適正化

advice.gif

【1】定時決定で決まった標準報酬月額は原則、その年の9月から翌年の8月までの新保険料の基準となります。

【2】昇給月を7月以降にずらすことで、保険料削減に繋がる場合があります。
適正に削減した保険料は見えない利益にもなります。
利益を生み出すためにも、昇給月は慎重に検討することが大切になります。

<社会保険労務士 PSR正会員 野田 真史>