女性活躍推進のウソホント

【女性活躍】力仕事だから、女性には無理だってホント? [女性活躍推進のウソホント]

投稿日時:2015/09/01(火) 11:55rss


“力仕事”は全て男性が担うべき?ー






















ある企業の担当者の方とお会いした時に、こうおっしゃっていました。

「当社のこの店舗は、重い荷物を運ぶ力仕事が結構あるので、スタッフは男性のみです。
女性は、重いものを運ばないように配慮して、別の店舗に配属にしています。」

この会社は、女性活躍を積極的に進めておられて、仕事の効率化や、働き方見なおしなど、
様々な施策をされています。

また、その方はこうもおっしゃっていました。

「ただ・・・この店舗には男性スタッフのみの配属となると、人材配置がとても難しくて・・・
男性スタッフのみに負担がかかってしまっている状況ではあります。」と。

確かに、女性よりも男性の方が筋力もあり、重いものも運べます。
ですから、女性側からしても、有難い配慮のように感じます。

しかし、 体力を理由に、男女で部署や店舗をわけること=女性活躍推進 とは、
一概には言えません。

“女性”が担うことで工夫が生まれるー






















私が在籍していた前職の会社では、企業向けに研修やコンサルティング事業をしており、
自社で毎日のように研修を開催していました。

しかも、一回の規模が100名以上であることも多く、毎日研修後には机のレイアウトを
変える必要がありました。

ただ男性陣は、営業で地方への出張が多いので、平日の社内には女性スタッフしかおらず、
女性が率先して重い机を運ぶような、少し体育会系な状況でした。

私にとっては新卒で入社した会社がそういう状況だったので、「女性も重い机を運ぶのは
当たり前なんだな」と思っていましたし、運ぶときに誰かのスーツのお尻の部分がびりっと
破けるなんてこともよくありました(笑)。

そして面白いのは、 女性が中心で重い机を運ぶとなると、色々工夫がされていく のです。

「次の研修のために、机の置き方はこうしておくほうが楽だね」とか、
「横で持つより、縦で持つ方が軽い」とか、
「一人で運べなかったら、二人で運ぼう」とか、

時には、「アップテンポの音楽をかけたら、テンションあがるね!」と言いながら、
自分たちでできる工夫を積み重ねていました。

そして女性陣が力仕事をすることにより、より効率のよいやり方が見つかって、会社全体に
とって結果的に良かったということが多々ありました。

もちろん、男性陣がいてくれる時は、「机は運ぶから椅子運んで~」「椅子運ぶから、
机ふいて~」とか、女性陣に配慮をしてくれたので、それはそれでありがたかったです。

前職だけではなく、「女性でも商品の棚卸しもするし、重いものを運ぶことも多いですよ」
という会社のお話もよくお聞きします。

ですから、「力仕事=男性」ではなく、女性がその仕事を行うことで効率化することや、
この機材をいれたらみんなが助かるといったことが見つかり、結果的に、職場全体の底上げ
になり、会社にプラスになることは多いのです。

また何より、「男性の仕事だと会社で決まっている」からではなくて、みなが助けあおうと
いう「 思いやり 」の気持ちが、風通しよく、男女問わず活躍する会社作りへとつながっていくのです。


女性活躍推進の取り組みにお悩みの社内担当者の皆様へ
まずは、事例豊富な女性活躍推進勉強会、『Link Room(リンクルーム)』へお越しください。