遊部香の職場のコミュニケーション術

その51 ~仕事で大切なのはVW!~ 最終回 [コラム]

投稿日時:2013/06/18(火) 09:00rss


 先日、iPS細胞を開発し、ノーベル賞を受賞された山中信弥氏の本(「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」)を
読みました。

 新しくものを生み出す研究・開発の現場は、コツコツと地道な行動を積み重ねていく努力が必要なのだろうと思いますが、
実際山中氏は、アメリカの研究所にいたときに所長に言われた「VW」を大事にしろという教えを大切にやってきたそうです。

 VWというのは、所長が愛用していたフォルクス・ワーゲンにもかけているそうですが、
この文脈での意味は、「ビジョン」と「ハードワーク」なのだそうです。

 一生懸命努力するのはもちろん大切だけれど、ビジョンがなければいけない、
と。

 この本の中でも、受賞が決まった時の会見でも、山中氏は、「決して自分一人の業績ではない」ということを強調され、
研究を手伝ってくれていた院生などに非常に感謝の言葉を並べているのですが、自分がビジョンを持つことも当然大事だけれど、
それを共有し、同じビジョンに向かって「ハードワーク」してくれる人がいると、さらにすごい力になるのだな、
ということを感じました。

 メンタルヘルスの勉強をしていても、うつ病になるのは「長時間労働」+「やらされ感」なのであって、
自分が納得し、やっていることなら精神を病むことはないと言われます。

 山中氏もきっと、メンタルが危ないと言われる労働時間をはるかに超えて働いていたと思われますが、
「ビジョン」があれば、「ハードワーク」はプラスの成果につながることもあるということを証明されていますね。
(もちろん、社員の労働時間を管理する経営者や人事部の立場で、長時間労働を肯定していてはいけませんが……)

 ビジョンを共有する……
一言でそういっても難しいですが、「自分の仕事に意味を感じて働ける」人を増やすためには、
やはり、日常からのコミュニケーションと、研修やオフサイトミーティングのような、
普段はなかなか話さない「何のために働くか」「この仕事にどんな意味があるのか」などを考え、話し合える場があるといいですね。


 このコラムは、職場のコミュニケーションを改めて考えるということをテーマに書いてきましたが、今回が最終回になります。

 なにか一つでも皆様のヒントになることがありましたら、幸いです。
 今までご愛読、ありがとうございました。