女性を活かし企業を元気に!「長期定着化のコツ」

育休からはやく復帰してもらうために [育休復帰]

投稿日時:2015/03/24(火) 09:00rss


-育休からはやく復帰してもらうために-

一昨年、国の女性活躍推進の政策の中で、
「育休3年」というキーワードが出ました。

また大手企業の中には、
3年間育児休業を取得できる制度を導入されているところもあります。

ただ、そんな状況の中で、
総務人事担当者の方が頭を抱えられるのが
「いかにはやく育休から戻ってきてもらうか」ということです。

このままでは、休業の社員が増えすぎて業務が回らない。
できれば、1年くらいで戻ってきてほしい。
なんなら、もう少しはやくに戻ってきてもらえるととても助かる。

そう思われる方も多いのではないでしょうか。

ただその為の施策として、
はやく復帰すれば保育料の一部を出す、手当が出るという風にしてしまうと、
その分企業への費用負担も多くなりますし、その他の社員との公平感を保つことも難しくなります。

また、出産前は「すぐに復帰して働く!」と思っていても、
いざ、我が子と対面すると、あまりの可愛さに「子どもと離れたくない」と思うのが母親というもの。

そんな中で、いくら企業が費用負担をしてくれても、
そもそも復帰しよう!という強い意思がない限りは、
制度も使われずに終わってしまうことも多々あります。

そんな中で、いかにして、育休社員の復帰意欲を高めるか。
それは、「 育休中に赤ちゃん連れで会社に顔を見せに来てもらうこと 」です。

育休中は、仕事をしている時と比べて、社会との関わりが激減します。

地域のママ友と話すことはあっても、
仕事をしていたときの刺激や情報や人との関わりを得ることはなかなかできません。

ですから「もう少し社会と関わっておきたい」と思うことも出てきます。

そんな中で、数カ月ぶりに職場に顔を出すことによって、
「やっぱり職場っていいな」「仕事にはやく復帰したいな」という気持ちが増すものです。

また、同僚にとっても、赤ちゃんが来ることによって、
「子育てしながら働く社員」の存在を肌で感じることができたり、
両立をサポートしてあげようという気持ちも芽生えやすくなります。

制度を変えたり、仕組みを作るのは、労力もかかりますし、
一度作ればなかなか変えることはできません。

ですが、もっと簡単に、すぐにできることもあります。
まずはできるところから、柔軟に取り組んでみましょう。


 



 

女性社員教育って何でこんなに難しいんだろう?


  • 男性社員よりよっぽど気を遣って接しているのに、、、
  • 制度もそれなりに整えているはずなのに、、、
  • リーダーとして頑張って欲しいと期待しているのに、、、
  • 女性社員にこちらの想いがなかなか伝わらない。。。
  • 女性社員が退職してしまう。。。
  • リーダーや幹部となる女性社員がなかなか育たない。。。

そんなお悩みを、ナチュラルリンクで解決しませんか?



  • ▲Click▲

    ■今後の開催テーマ
    【6月】18日(水)18時半~20時半 女性部下の面談はこうすればうまくいく!明日から使える3つの具体策
    【7月】16日(水)18時半~20時半 女性がやる気になる仕事の指示の出し方、伝え方
    【8月】20日(水)18時半~20時半 数字や売上の話を女性部下に響かす4つのポイント
    【9月】17日(水)18時半~20時半 他社事例から学ぶ、女性役職者育成の5つのポイント