女性活躍推進のウソホント

【働く女性側の心がけ】~職場での人間関係づくり~ [女性活躍推進のウソホント]

投稿日時:2018/07/03(火) 17:01rss


【働く女性側の心がけ】~職場での人間関係づくり~

皆さんこんにちは。ナチュラルリンクの高野(こうの)です。今回も、当社が運営する働く
女性向けメディア「Woo!(ウー)」に掲載しているコラムからの紹介です。

1 女性が職場で悩む人間関係の一つ






















現在、女性の職種は総合職と一般職とに分かれている会社も多く、一般職の女性の先輩との
関係づくりで悩む総合職女性も多くおられるようです。

私もメーカーへ新卒入社してすぐの頃、会社の寮ですれ違ったりお風呂(共同)で一緒にな
った一般職の先輩方に「おはようございます」や「お疲れ様です」といった挨拶をしたとこ
ろ、無視されてしまい、それがずっと続いたことがありました。

当時の一般職の先輩方にも、新卒で総合職として入社してきた私たちに対して、何かしら思
うところ、わだかまりがあったのかもしれませんね。

では、「一般職の先輩方とのお付き合いの仕方」の悩みについて考えてみましょう。

2 総合職が上、一般職は下?





















まず最初にお聞きしたいのは皆さんの中に「総合職が上、一般職が下」みたいな意識はあり
ませんか?

もし仮にそうだとしたら、そもそも総合職と一般職は上下の関係ではなく、職種、専門
領域が違うのだと考えてみましょう。                      

例えば、総合職はお客様を総合的にサポートするスペシャリスト、一般職は社内事務のスペ
シャリストという感じです。

それぞれが何らかのスペシャリストだと考えれば、総合職と一般職の違いも、単に専門領域
や役割が違うだけということになります。そうなれば、お互いがお互いをリスペクトすると
いう関係性も可能ではないかと思うのです。

3 コミュニケーションのポイントは?





















さて、もう1つお伝えしたいのは、相手とコミュニケーションを取るときに「人と事を
切り分ける」ということです。                         

ここでいう「人」とは、相手の性格、価値観といった相手の存在自体に関わるもの。一方、
「事」というのは、相手が選んだ行動や出来事を指します。大切なのは、相手とコミュニケ
ーションを取るとき、「人」、つまりは相手自身を尊重しながら、「事」については率直に
伝えることなのです。

例えば、相手がミスをして、その影響をこちらが被ったとしましょう。それを伝えるとき、
「●●さんって本当に◯◯ですね」という風に、相手自身を否定しないこと。

「書類の記述にミスがあったため、お客様のクレームにつながりました。そのため、今度か
ら・・・していただけないでしょうか」というように、そのミス(出来事)に限定して伝え
るということです。

いかがでしたか?

少し心がけ、意識をすることで、一般職の女性の先輩ともより良い人間関係を築いていける
はずです。
■記事全文はこちら。
Woo!: 一般職の先輩方と良好な関係を持ちながら自分のキャリアを積むコツとは?