• トップ
  • 人事・労務に関するコラム

人事・労務に関するコラム

rss
次へ>>

【働く女性側の心がけ】~職場での人間関係づくり~

[女性活躍推進のウソホント]
投稿日時:2018/07/03(火) 17:01

【働く女性側の心がけ】~職場での人間関係づくり~

皆さんこんにちは。ナチュラルリンクの高野(こうの)です。今回も、当社が運営する働く
女性向けメディア「Woo!(ウー)」に掲載しているコラムからの紹介です。

1 女性が職場で悩む人間関係の一つ






















現在、女性の職種は総合職と一般職とに分かれている会社も多く、一般職の女性の先輩との
関係づくりで悩む総合職女性も多くおられるようです。

私もメーカーへ新卒入社してすぐの頃、会社の寮ですれ違ったりお風呂(共同)で一緒にな
った一般職の先輩方に「おはようございます」や「お疲れ様です」といった挨拶をしたとこ
ろ、無視されてしまい、それがずっと続いたことがありました。

当時の一般職の先輩方にも、新卒で総合職として入社してきた私たちに対して、何かしら思
うところ、わだかまりがあったのかもしれませんね。

では、「一般職の先輩方とのお付き合いの仕方」の悩みについて考えてみましょう。

2 総合職が上、一般職は下?





















まず最初にお聞きしたいのは皆さんの中に「総合職が上、一般職が下」みたいな意識はあり
ませんか?

もし仮にそうだとしたら、そもそも総合職と一般職は上下の関係ではなく、職種、専門
領域が違うのだと考えてみましょう。                      

例えば、総合職はお客様を総合的にサポートするスペシャリスト、一般職は社内事務のスペ
シャリストという感じです。

それぞれが何らかのスペシャリストだと考えれば、総合職と一般職の違いも、単に専門領域
や役割が違うだけということになります。そうなれば、お互いがお互いをリスペクトすると
いう関係性も可能ではないかと思うのです。

3 コミュニケーションのポイントは?





















さて、もう1つお伝えしたいのは、相手とコミュニケーションを取るときに「人と事を
切り分ける」ということです。                         

ここでいう「人」とは、相手の性格、価値観といった相手の存在自体に関わるもの。一方、
「事」というのは、相手が選んだ行動や出来事を指します。大切なのは、相手とコミュニケ
ーションを取るとき、「人」、つまりは相手自身を尊重しながら、「事」については率直に
伝えることなのです。

例えば、相手がミスをして、その影響をこちらが被ったとしましょう。それを伝えるとき、
「●●さんって本当に◯◯ですね」という風に、相手自身を否定しないこと。

「書類の記述にミスがあったため、お客様のクレームにつながりました。そのため、今度か
ら・・・していただけないでしょうか」というように、そのミス(出来事)に限定して伝え
るということです。

いかがでしたか?

少し心がけ、意識をすることで、一般職の女性の先輩ともより良い人間関係を築いていける
はずです。
■記事全文はこちら。
Woo!: 一般職の先輩方と良好な関係を持ちながら自分のキャリアを積むコツとは?

 










 

【女性社員のキャリアプラン】 シングルキャリアのほうがリスクは高い時代

[女性活躍推進のウソホント]
投稿日時:2018/06/01(金) 13:46

【女性社員のキャリアプラン】
シングルキャリアのほうがリスクは高い時代






















皆さんこんにちは。ナチュラルリンクの高野(こうの)です。今日は、当社が運営している
働く女性向けメディア「Woo!(ウー)」には「何かおすすめの本はありませんか?」とい
う質問やコメントが届くことがよくあります。
今日は、Woo!でコラムを書いていただいている、小野曜さんオススメの一冊を記事から抜
粋してご紹介いたします。

1 本を読みたいけど読む時間が無い






















「本を読みたい」と思いつつも、仕事に育児に家事に…忙しくて本を読む時間なんてない!
という方も多いと思います。そこで今回は、私が読んだ本について本に書いてあるポイント
を整理しながらご紹介いたします。

今回オススメする本は「石山恒貴法政大学教授著『パラレルキャリアを始めよう!』」です。
この本はまさにタイトル通り、「パラレルキャリア(以下「パラキャリ」)」に興味を持つ
人が「パラキャリ」の道を踏み出すためのガイド本。パラキャリとはどういうものか、「パ
ラキャリ」をすることで何が得られるかが、具体例に沿って書かれています。

2 パラレルキャリアとは何か?





















「パラレルキャリアとは、会社勤めなどの本業をしっかりと持ちながら、本業以外に社会活
動を行う新しい生き方であり、仕組みである。」と本には書かれています。

ですから、子育てや身内の介護をすることも、本業(会社勤め)をしながら子育てや介護を
し、子育てや介護をすることを通じて地域や学校、行政などと関わっているということでは、
パラレルキャリアをやっている、といって良さそうですね。

3 シングルキャリアとは何か?




















「パラレルキャリア」の対義語として「シングルキャリア」という言葉も紹介されています。
「シングルキャリアとは、『自分が本業と考える組織、あるいは役割に全面的に依存してし
まい、その価値観を疑問の余地なく受け入れ、その状態から変化する可能性すら想定してい
ない場合』と定義しておきたい」

生活が、会社と家を往復するだけになってしまい、つきあう人たちも社内や仕事関係の人だ
けという人は、典型的なシングルキャリアといえますね。また一方で、お付き合いする範囲
が家族が生活する範囲にいるママ友やご近所さんという専業主婦もまた、「家事・子育て」
という本業に没頭するシングルキャリアといえるかもしれません。

ただこれからの時代は、「シングルキャリア」であることのリスクは大変高い。

勤めている会社の倒産やリストラ、自分がメンタルダウンしてしまうことへのリスク、親の
介護…なんらかの形で今のキャリアが途切れてしまった場合、どのようにリスクヘッジして
おくか。

そのために大切なのが、パラレルキャリアの考え方です。

大阪に転居してまもなく2年半がたちますが、関西は東京に比べ、パラキャリ活動の楽しさ
を味わえる場所や機会が少ないように感じます。1人でも多くの人が、パラレルキャリアを
つんで、自分の人生を生きていけるきっかけを提供できればと思っています。

記事全文はこちら。
Woo!:本読んで徒然 vol.1~『パラレルキャリアを始めよう!』


 










 

【育休復帰】 育休期間を、いかに有効活用するか?

[女性活躍推進のウソホント]
投稿日時:2018/05/07(月) 13:36

【育休復帰】育休期間を、いかに有効活用するか?























皆さんこんにちは。ナチュラルリンクの高野(こうの)です。 御社の育休中、または育休
を取得した女性社員さんから「育児に専念するため一旦仕事から離れる時、何だか取り残され
そうで不安になる」という言葉を聞いたことはありませんか?
今日は、当社が運営している「Woo!(ウー)」に掲載されているコラム「育休中の学びを
仕事に活かす! キャリアカウンセラー資格の活用実例
」から一部抜粋してご紹介します。

1 焦らなくていい、全部未来に繋がるから。





















その期間の過ごし方として「これが正解!」というものはありませんし、誰かの真似をする
必要もありません。ゆるやかに過ごすのもよし、ポジティブに行動するのもよし、とにかく
自分自身が納得して過ごせるなら、結果的に何をやってもプラスになります。私の場合、専
業主婦時代には「育児没頭期間」と「資格チャレンジ期間」の2つがありました。そしてど
ちらの期間にも学びがあり、それが今の仕事につながったことは間違いありません。

2 主婦を経験し、コミュニケーション力が磨かれた





















私は一度主婦業を経験していますが、子どもにできるだけたくさんの経験をさせたいという思
いから、複数の育児サークルに飛び込み、習い事をさせ、幼稚園の役員も引き受け、小学校本
部役員も経験。そこで感じたことは、「会社勤めの時よりも多様な人間関係があり、今まで以
上のコミュニケーション能力が必要」ということでした。

会社の場合は採用基準があるわけですし、価値観や経験値に共通点がありました。でもママ友
やPTAは全く違うタイプの人が集まるグループ。いかにモメ事を起こさないようにするか、
いい距離感を保つかを瞬時に判断することが大切なので、周囲をよく見てベストな行動を選ん
でいました。私にとって、この時に人生で一番「コミュニケーション能力」が磨かれたのです。

仕事のために特別な準備をした時期ではありませんが、後のどんな仕事にも不可欠な「セルフ
コントロール力」や「コミュニケーション力」が、この「子育て没頭期間」に鍛えられていま
した。

3 資格チャレンジについて





















次に「資格チャレンジ」についてですが、育休中に必ず資格を取らなければならないという
ことはありません。ただ、「自分にとってこの資格は何の意味があるのか」「どういうとこ
ろに興味を持ったのか」が明確なら、資格取得を検討してもいいと思っています。

以前、私は人材開発の仕事をしていました。その後、女性の支援サイトを作るためにたくさ
んの女性にヒアリングし、相談業務に携わりたいと思いました。また、自分自身が子育てを
しながらもう一度働きたいと思っても、ブランクがあると難しいことを知りました。そうし
たいくつかの経験(=点)が線につながって、「キャリア形成支援をするキャリアカウンセ
ラー」という資格を発見。理屈抜きに何かピンときたことを覚えています。

「過去の経験」と「今の自分の興味」、「これからやりたいこと」が一気に明確になって、
この資格取得にチャレンジしようと決めました。今思うと無意識のうちに「自己分析」や
「経験の棚卸し」をしていたわけですが、結果的にこれがとても大事なことでした。

------

今回は抜粋してご紹介していますが、どんな経験も、とらえかた、意識の仕方次第で全ては復
帰後の仕事に活かせる糧になります。上司の皆さんも、そのような視点で女性のキャリア設計
を考えアドバイス頂ければ幸いです。

■全文はこちら
育休中の学びを仕事に活かす! キャリアカウンセラー資格の活用実例


 












 

【女性社員のキャリアプラン】 「どんな仕事がやりたいか分からない」と言われたら?

[女性活躍推進のウソホント]
投稿日時:2018/03/29(木) 16:22

【女性社員のキャリアプラン】
「どんな仕事がやりたいか分からない」と言われたら?

 





















皆さんこんにちは。ナチュラルリンクの高野(こうの)です。春は何かと面談が多い季節。
新しく配属された社員と面談をし、今後のキャリアプランを考えることもあるかと思いま
す。ただそんな中で「目標を決めろと言われても、自分がこの会社でどんなが仕事がしたい
か分からない」と言われることはありませんか?

今日は、当社が運営している「Woo!(ウー)」に掲載されているコラム「仕事でやりたい
ことを見つけるポイント教えます!
」から一部抜粋してご紹介します。

1 まず、仕事が自分ごとになっている?
 





















会社で何かやりたいことを見つけるならば、仕事を自分事として考えることが大切です。会
社は社会においてどのような役割を担っているのか。自分の部署はその中でどのような役割
を担っているのか。そして自分はその部署の中でどのような役割を担っているのかを意識に
上げることが重要。一度、このことについて考えてみてください。

その上で、会社の理念やビジョンと照らし合わせてみます。数年先、どうなっていたいのか。
どのような社会をつくるために自社が存在するのか。このビジョンの中に自分の存在意義を
イメージし落とし込むのです。

2 あなたは一番大切にしたいことは?
 





















大切なのは自分が何を大切にしたいのかということです。例えば「家族が大切」ならば家族
を大切にするのは、自分の中で何を満たしたいからなのか、自分に訊いてみてください。
「安心」を満たすためかもしれませんし、「繋がり」を満たすためかもしれませんし、それ
は人それぞれ。

もし「安心」を大切にしたいのであれば、「安心」できる環境を会社の中で整える役割を担
うかもしれません。もし「繋がり」を大切にしたいのであれば「繋がり」が更にできる行動
を起こす役割を担うかもしれません。

私たちが大切にしている「価値観」は、考えるより先に自分を突き動かします。自分が何に
突き動かされているのか、何を大切にしているのかを大切な自分に訊いてみてください。こ
れは誰もが持っていることですから。

3 やってみなければ分からない
 





















時おり「自分が何に向いているかわからない」という言葉を聞くことがあります。何に向い
ているかはやってみないとわかりません。
例えば「走る」という行動を捉えたとき、短距離に向いているのか長距離に向いているのか、
走ってみないとわかりません。行動していくうちにどれが得意なのかがわかってきたり、ど
のようにすればできるようになるのかわかってきたりするものです。

---

いかがでしたか?私は、考えるより動くタイプなので、人よりも失敗をたくさんしてきてい
ると思います。でも、たくさんのドアを開け「これも違った、あれも違った」という気づき
を経て、今ようやく、自分が心の底から突き進めることに出会えたと思います。

動いてみなければ分からないし、やったことしか残らない。

上司の方には、まずは部下の方が小さな一歩を踏み出せるように、そのサポートをして頂く
ことが、重要だなと思います。

■全文はこちら
仕事でやりたいことを見つけるポイント教えます!

 










 

【働き方改革】 管理職にこそ、社外に出る機会を。

[女性活躍推進のウソホント]
投稿日時:2018/03/06(火) 10:31

1 私たちは何のために働いているのか?






















昨年、ある企業の管理職の方に対して、女性活躍研修をさせて頂きました。その企業は、
中堅企業で歴史があり、社長も女性活躍や働き方改革に積極的でした。

研修には50名ほどの管理職が参加され、年齢層は、30代後半から50代。
研修は比較的前向きな雰囲気で進み、最後に「私たちは何のために働いているのか」という
考察を行いました。

この考察の目的は、「役職者の皆さんは仕事で出世することや、より稼げるようになるために
頑張ってこられたと思うが、今は働くことに求めるものが多様化している」ということを実感
して頂くためでした。

…が、蓋を開けてみると、意外な結果になりました。

2 生活のために働くことは悪いことではないけれど






















何のために働くかについて、皆さんに手をあげて頂いたところ、なんと9割の方が「生活のため
に働いている」に手を挙げられたのです。

この結果に驚き、一瞬次の言葉がでなくなってしまいました。

生活のために働くことが悪いわけではありません。お金が無ければ、家族を養ったり、生活を
していくことはできないので、生活のために働くことは全員ベースとしてあると思います。
また30代後半から50代というと、子どもの学費等の出費がかさむ時期だとも思います。

ですがその上で、部下を持つ方であればなおさら、「仕事はやり方次第でどんどん面白くなる
こと」「仕事を通して成長する歓び」「仕事でより以上を目指す大切さ」といった部分を忘れ
てはいけないはず。

ふと「生活のために働く」という上司に育てられた部下は、どうなるだろうと考えてみました。

「普通にしていれば給料をもらえるから、変にチャレンジはしない。」

「改善するべきことはたくさんあるけれど、それで給料が変わるわけじゃないからしない。」

「とにかく時間から時間働いて、土日はゆっくり休みたい。」

このような空気が蔓延した部署で、働き方改革や現状の変革を行うとなると、それは容易い
ことではないと思います。

3 男性の上司が女性のロールモデルになるために

























「うちは女性のロールモデルがいないから女性が育たない」という方は多いですが、必ずしも
そうとは限りません。男性であっても、直属の上司の存在は女性に大きな影響を与えます。

とはいえ、長くその会社で働いていれば、価値観も固定化されていきます。役職につき周囲か
ら指摘される機会が無くなると、「自分が変わらなければならない」という意識も薄まってし
まいます。

よほど自分で意識して、危機感を強く持った人ではない限り、安定に流れてしまうのが人間で
す。ですから管理職の方こそ、商談や仕事以外で、社外の人と接したり、今の世の中がどう
変化しているかを、感じる場に出ていくことが必要だと思います。

商工会議所や、ベンチャー企業が行っている勉強会など、管理職の方には月に1度はそのような
場に出向いて勉強することを、促されてみてはいかがでしょうか?








 
次へ>>