• トップ
  • トピックス
  • 「まち・ひと・しごと創生基本方針2019」の案を提示(まち・ひと・しごと創生会議)

人事・労務に関するトピックス情報

2019/06/12

「まち・ひと・しごと創生基本方針2019」の案を提示(まち・ひと・しごと創生会議)


 令和元年(2019年)6月11日に、首相官邸において開催された「 まち・ひと・しごと創生会議(第19回)」の資料が公表されました。

 今回の会議では、「まち・ひと・しごと創生基本方針2019」について議論が行われました。
 会議後、議長である安倍総理は、次のようにコメントしています。

●地方創生も、来年度より、第2期という新たなステージに入ります。地方は、人口減少という大きな危機に直面しておりますが、ピンチをチャンスにしていくという発想が必要です。地方には、豊かな自然、暮らしやすい生活環境があり、そして何よりも、新しいことにチャレンジできる大きなチャンスがあります。
 そうした観点から、例えば、週末の地方での兼業・副業など、関係人口の創出・拡大によって、将来的な地方移住につなげることや、企業版ふるさと納税の活用促進による、地方の魅力を一層高めていく取組などの政策を通じて、地方への人・資金の流れを重層的な形でもっと太いものにしていきたいと考えています。

 基本方針は、今月(2019年6月)中に閣議決定し、年末には、数値目標を盛り込んだ「総合戦略」を策定する予定としています。  

 詳しくは、こちらをご覧ください。
<まち・ひと・しごと創生会議(第19回)/資料>
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/meeting/souseikaigi/r01-06-11.html