• トップ
  • トピックス
  • 新型コロナウイルス対策 障害者雇用納付金の申告などは「電子申告申請」や「郵送」で(雇用支援機構)

人事・労務に関するトピックス情報

2020/03/23

新型コロナウイルス対策 障害者雇用納付金の申告などは「電子申告申請」や「郵送」で(雇用支援機構)


 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から、「障害者雇用納付金の申告や障害者雇用調整金等の申請の際は、「電子申告申請」や「郵送」をご利用ください」という案内がありました(令和2年3月19日公表)。
例年、3月の年度末から5月中旬にかけて、都道府県支部の窓口が、障害者雇用納付金の申告並びに障害者雇用調整金及び報奨金の申請(以下「申告申請」といいます。)の手続により混雑するため、感染拡大防止の観点からも、申告申請に当たっては、電子申告申請又は郵送の積極的なご活用をお願いしたいということです。
特に、電子申告申請の活用が推奨されています(ただし、添付書類が必要な場合は、添付書類については電子送信できませんので、添付書類のみ別途郵送により提出する必要があります)。
 障害者雇用納付金の申告や障害者雇用調整金等の申請に係る電子申告申請の流れについても説明されていますので、こちらをご確認ください。
<新型コロナウイルス感染症防止等のためのお願いについて~障害者雇用納付金の申告や障害者雇用調整金等の申請の際は、「電子申告申請」や「郵送」をご利用ください>
http://www.jeed.or.jp/disability/topics/2019/q2k4vk000002y665-att/q2k4vk000002y67d.pdf