• トップ
  • トピックス
  • 高校生の求人数 前年から約25%減(ハローワーク求人に係る求人・求職状況)

人事・労務に関するトピックス情報

2020/09/07

高校生の求人数 前年から約25%減(ハローワーク求人に係る求人・求職状況)


厚生労働省から、「令和2年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況」取りまとめ」が公表されました(令和2年9月7日公表)。

これは、令和3年3月に高校や中学を卒業する生徒について、令和2年7月末現在の公共職業安定所(ハローワーク)求人における求人・求職状況を取りまとめたものです。

ポイントは、次のとおりです。

●高校新卒者

 ○求人数→約33万6千人で、前年同期比24.3%の減
 ○求職者数→約16万2千人で、同8.0%の減
 ○求人倍率→2.08倍で、同0.44ポイントの低下

●中学新卒者

 ○求人数→680人で、前年同期比37.3%の減
 ○求職者数→909人で、同6.4%の増
 ○求人倍率→0.75倍で、同0.52ポイントの低下

高校新卒者については24.3%減、中学新卒者については37.3%減と、前年に比べて大幅に求人数が減少しています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、各企業の経済活動に影響が出ていると思われますが、それが求人数の減少につながっているようです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<令和2年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況」取りまとめ>
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000178038_00003.html