人事・労務に関するトピックス情報

2013/02/14

精神障害者の雇用義務化へ 改正案を提示


 厚生労働省は13日、障害者雇用促進法改正案の概要を自民党厚生労働部会に示しました。この改正案は、企業に精神障害者の雇用を義務付けることに重点を置いています。精神障害者の新規求職者数は11年度には約4万9千人に達しており、精神障害者の就労意欲の高まりを受けた改正とみられます。今国会に改正案を提出、成立させ、2018年4月からの実施を目指します。

 民間企業で働く障害者数は9年連続で過去最高を更新していますが、現在は身体障害者と知的障害者のみが企業に対する障害者雇用義務の対象となっています。雇用義務の対象を精神障害者にも広げることで障害者の社会進出をさらに進めたい考えです。