• トップ
  • トピックス
  • 医師の働き方改革 検討会が報告書を取りまとめ 一部で年間1,860時間の残業を容認

人事・労務に関するトピックス情報

2019/03/29

医師の働き方改革 検討会が報告書を取りまとめ 一部で年間1,860時間の残業を容認


 厚生労働省から、「医師の働き方改革に関する検討会が報告書を取りまとめました」という発表がありました(2019(平成31)年3月29日公表)。
 有識者からなる「医師の働き方改革に関する検討会」では、これまでに22回にわたり会議を開催し、2024年度からの医師の残業規制などについて検討を重ねてきました。

 この度、その検討の結果が報告書として取りまとめられました。
 これによると、2024年度からの一般的な勤務医の残業時間の上限は年間960時間とする一方、地域医療を支える医師や研修医などについては残業時間の上限を年間1,860時間まで認めることとしています。
 連続勤務を28時間までに制限するなどの措置を義務付けることとしていますが、「これでは過労死はなくならない」などと反発の声が上がっているようです。

 今後は、この報告書を踏まえて、具体的な制度の整備が進められることになります。
 詳しくは、こちらをご覧ください。
<「医師の働き方改革に関する検討会」が「報告書」を取りまとめました>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04271.html