• トップ
  • トピックス
  • 職場のハラスメント対策キャッチフレーズ決定!「パワハラでなくす信用 部下の支持」など(厚労省)

人事・労務に関するトピックス情報

2020/01/23

職場のハラスメント対策キャッチフレーズ決定!「パワハラでなくす信用 部下の支持」など(厚労省)


 厚生労働省から、「職場のハラスメント対策キャッチフレーズ決定」というお知らせがありました(令和2年1月22日公表)。
 
同省では、職場のハラスメントをなくし、みんなが気持ちよく働くことができる職場環境をつくる気運を盛り上げるための集中的な広報・啓発活動を実施しています。
この広報・啓発活動を効果的に実施するため、「職場のハラスメントをなくしていこう!」についてのキャッチフレーズを募集したところ、全国で2,365通(パワハラ部門1,148通、セクハラ部門692通、マタハラ部門525通)の応募があったということです。
これらの応募作品の中から、パワハラ、セクハラ、マタハラの各部門で、「大賞(有識者等が選定)」と「ネット賞(ネット上の投票で最多だったもの)」が決定されました。
 
各部門の受賞作品は、次のとおりです。
●パワハラ部門
【大賞】パワハラでなくす信用 部下の支持
【ネット賞】そのパワー 俺に向けずに 業績に
●セクハラ部門
【大賞】嫌そうじゃないから? いや、そうじゃないから。
【ネット賞】セーフだろ? 言い訳するヤツ ほぼアウト!
●マタハラ部門
【大賞】マタハラを 怒っています お腹(なか)の子
【ネット賞】妊娠して喜んだ。報告して悲しんだ。
 
受賞作品については、今後ハラスメント防止に関する広報の際に活用していくということです。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
<職場のハラスメント対策キャッチフレーズ決定!(厚労省)>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09020.html