• トップ
  • トピックス
  • 国家公務員と関わりのある事業者の皆様へ 倫理の保持に協力を(国家公務員倫理審査会の資料を全国社労士連合会が紹介)

人事・労務に関するトピックス情報

2021/06/25

国家公務員と関わりのある事業者の皆様へ 倫理の保持に協力を(国家公務員倫理審査会の資料を全国社労士連合会が紹介)


 全国社会保険労務士会連合会ホームページ(一般ページ)において、「【国家公務員倫理審査会】企業の皆様へ ~倫理法・倫理規程を御存知ですか?~」という案内がされています。 

 これは、国家公務員と関わりのある事業者の皆様に、倫理の保持を求めるものです。

 国家公務員は、法令により利害関係のある事業者(※)の皆様から原則として、次の行為を受けることが禁止されています。

 国家公務員自身が襟を正すことはもちろんですが、事業者の皆様におかれましても、これを理解し、協力して欲しいということです。

● 金銭や物品の贈与

● 酒食等のもてなし(接待)

● 車での送迎など、無償でのサービス提供

● 一緒に麻雀等の遊技、ゴルフ、旅行をすること

● 金銭の貸付け

● 未公開株式の譲渡

● 無償での物品や不動産の貸付け

〈補足〉上記の禁止行為に該当した場合でも、一部例外として認められるものもあります。

※利害関係があるとは・・・

 国家公務員が以下の職務権限をあなたの属する事業者に持っている場合です。

◇事業所管  ◇許認可  ◇補助金交付  ◇立入検査、監査、監察
◇不利益処分や行政指導  ◇契約 など

注)利害関係者ではない事業者からであっても、国家公務員が繰り返し接待を受けるなど、社会通念上相当と認められる程度を超える接待・贈与を受けた場合には、その国家公務員が法令違反となります。

 上記の内容をまとめた「事業者等向けカード『国家公務員と関わりのある事業者の皆様へ』」のほか、詳しい内容を示したパンフレットも掲載されていますので、必要であればご確認ください。

<【国家公務員倫理審査会】企業の皆様へ ~倫理法・倫理規程を御存知ですか?~>
https://www.shakaihokenroumushi.jp/information/tabid/201/Default.aspx?itemid=4887&dispmid=648