人事・労務に関するトピックス情報

2011/03/18

採用試験の延期、相次ぐ


東北関東大震災で被災した学生の就職活動が困難になるという見込みから、採用試験の時期を2か月程度、遅らせる企業が増えています。

震災で就職活動ができない学生に配慮し、大手電機メーカーのパナソニック、日立製作所、NECは、来年春に入社する新卒採用の試験を当初の4月から2か月程度、遅らせる方針です。また大手自動車メーカーのトヨタ自動車は採用選考を4月から6月以降に延期し、ホンダも宮城県や福島県など東北6県と茨城県の志望者に限り、選考を4月から6月以降に変更するとのことです。また、大手通信会社の「ソフトバンク」は採用活動を一旦中止し、状況を見ながら再開するとしています。

この他、金融機関・商社等でも採用試験の延期が相次いでいます。三井住友海上火災保険や損害保険ジャパンなどは16日、東日本巨大地震で被災した学生らに配慮し、2012年春入社の新卒採用の選考日程を予定より遅らせることを決めました。三井住友海上は、4月1日から開始する予定だった面接試験を5月以降に延期します。エントリーシートの提出締め切りが18日となっている一部採用枠については、東北6県の受験希望者に対して締め切りを設けず、柔軟に対応するとのことです。三菱東京UFJ銀行やみずほフィナンシャルグループも、4月に予定していた東北地区での採用試験延期などの対応を取ることを決めました。

震災が学生の就職活動にも大きな影響を及ぼすことになりそうです