• トップ
  • トピックス
  • 緊急事態宣言の延長、デジタル改革関連法の成立等について 菅総理が会見

人事・労務に関するトピックス情報

2021/05/13

緊急事態宣言の延長、デジタル改革関連法の成立等について 菅総理が会見


令和3年5月12日、緊急事態宣言の延長、デジタル改革関連法の成立等について、菅総理が会見を行いました。
 
主な会見の内容は、次のとおりです。
●緊急事態宣言の延長について
本日から緊急事態宣言が延長され、愛知、福岡が追加されました。延長は大変心苦しい思いでありますけれども、ゴールデンウィークが終わった今、一番大事な時期でありますので、国民の皆さんの御協力をお願い申し上げます。
 また、ワクチンのスケジュールでありますが、自治体や医療関係者の皆さんの御協力によって、全国の85パーセントを占める1,490の市町村で7月末までに高齢者の接種を終わる、そうした報告を受けました。今後も市町村をサポートして、全ての皆さんが一日も早く接種できるように取り組んでまいりたい、このように思います。
 
●デジタル改革関連法の成立について
 本日、デジタル改革の法案が成立し、長年の懸案でありました我が国のデジタル化にとって、大きな歩みになると思っております。関係者の皆さんの御尽力に心から感謝を申し上げます。
9月1日のデジタル庁の発足に向けて、しっかりと準備をしてまいりたい、このように思います。マイナンバーカードの普及率は4割であります。保険証や免許証とも一体化を進めます。誰もがデジタル化の恩恵を受けることのできる、そうした社会をつくっていきたい、このように思います。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
<緊急事態宣言の延長等についての会見>
≫ http://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2021/0512kaiken.html